Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

【ラン日誌】1/10 ハイテクハーフマラソン 自己ベスト更新!

2016/01/10
By
約 4 分

IMG_4378

3年連続となる、ハイテクハーフマラソン(旧谷川真理ハーフマラソン)に参加してきた。

3月までにサブフォーを達成するという目標を掲げ、挑んだ1月のハーフ。

ここでぜひとも、自己ベストを更新しておきたかったのである。

IMG_4418

結果は、1時間51秒04秒(ネットタイム)でフィニッシュすることができた。

昨年は2時間ちょうどだったので、約9分の記録更新となった。

7回目のマラソン大会

前日にセミナー&懇親会に参加して、夜遅く帰って、気づいたら朝で焦った。笑

幸い十分に準備の時間は取れたので、チェックリストを使って速攻で準備完了。

会場も慣れたところなので、特に問題なく到着できた。

慣れというのはすごい。

そういえば、もうマラソン大会に出るのも7回目なのだ。

※ハーフ4回、フル3回

後半型か、イーブンペースか

実は今回の21km、ペース配分をずいぶん迷った。

今取り組んでいるのは、後半にスパートをかけることを想定した練習方法。

だが、前回の富士山ではあまりうまくいかなかったし、後半型の練習が十分にできているとは感じていない。

今回は余力のあるハーフだし、イーブンペースでもいいだろうということで、

  • まずは目標達成を確実にできる5:20~30くらいのペースで半分走る
  • 10kmを過ぎて、余裕があればスピードを上げる

という風に考えていた。

結果的には、やや想定より速い5:10~20くらいのペースでのイーブンペースになった。

今回失敗した点

IMG_4448

いざ、レースが始まってみると、具体的なペースがわからないことに気づいた。

ランニングウォッチで、1kmごとのタイムが表示できなかったのである。

いつも僕が練習でつかっているのは、「ラップ」ごとに計る機能。

しかしこの設定にしたままだと、1kmごとのタイムは表示してくれないのだ。

これは困った。

 

ランニングアプリのRunkeeperは、1kmごとにタイムを伝えてくれるようになっているが、このタイムが実にあいまいなので、困っていた。

そんなわけで、

「今どのくらいのペースで走っているのか?」

を、ほとんど自分の感覚に頼るしかなかったのである。

 

途中で、ピッチが遅くなっているのに気づいていたが、なんとなくスピードが変わってなさそうだったのでそのまま走っていた。

このあたりは少し(1kmで15秒ほど)遅くなってしまっていて、これを気づけたらよかった。

結果的にはほとんど影響はなかったが、微調整ができないのは苦しい。

この状況は改善する必要があるので、今後改善していこう。

数値から感じる成長の証

今回、心拍数が早い段階で162で安定した。

少し早すぎる拍数だと思ったが、ペースもまずまず乗っていたし、本番は上がりやすいということで、そのまま走ってみた。

すると、その後はほとんど心拍数が変動することがなかった。。

キロ5:15で、心拍162bpmでも21kmを十分に走りきれるようになったのだ。

実際に数字として現れると、成長を感じやすい。

ガジェットを駆使して、様々な計測をしてきてよかったと、心から思う。

今後の目標について

次回はいよいよ2ヶ月後のフルマラソン。

僕にとってはこのハーフマラソンは通過点だと思っていた。

だからもう気持ちは次の大会へ走っている。

今のままではサブフォーは微妙なところ。

目標を達成するためには、さらにトレーニングを重ねる必要がある。

もう少し後半型の走りを意識できるように、ビルドアップを中心に練習を重ねていきたい。

今回の大会で、実力アップを確かなもにできたのは、大きな自信になった。

 

板橋Cityマラソンまで、あと69日。

IMG_4433 IMG_4434 IMG_4435 IMG_4436 IMG_4438 IMG_4439 IMG_4440 IMG_4441 IMG_4442 IMG_4443

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!