Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

ブログの更新情報を一刻も早くGoogleに伝える方法

2016/02/07
By
約 4 分

ブログの過去記事をメンテナンスしたら、Fetch as Googleを使いましょう。

ブログを運営していて「なにそれ?」っていう人は、知っておいて損はないと思いますよ。

Fetch as Googleって何?

Googleは、ウェブサイトのパフォーマンスを知る方法として、「Serch Cosole」というものを提供しています。

Fetch as Googleは、そのSearch Consoleのツールのひとつです。

Fetch as Google ツールを使うと、サイト上で Google が行う URL のクロールまたはレンダリングの方法をテストすることができます。Fetch as Google を使用して Googlebot がサイト上のページにアクセスできるかどうか、ページのレンダリング方法、ページのリソース(画像やスクリプトなど)が Googlebot に対してブロックされているかどうかを確認できます。このツールは、Google の通常のクロールとレンダリング プロセスで行われるように、クロールとレンダリングの実行をシミュレーションし、サイト上のクロールに関する問題をデバッグする際に便利です。-googleより引用

はい、よくわからないですね。汗

検索エンジンの検索結果が更新されるには、「クローラー」と呼ばれるBot(仮想のロボット)に巡回してもらう必要があります。

クローラーはWebサイトを日々巡回していますが、自分のサイトにいつ来てくれるかはわからないのです。

このFetch as Googleを使えば、クローラーに

「ちょっとウチのブログ更新したから見に来てよ」

と伝えることができるってことなのです。

なぜFetch as Gogleを使う必要があるのか

では、なぜブログを更新したらFetch as Gogleを使う必要があるのでしょうか。

僕のブログもそうですが、Webサイト訪問者のほとんどはGoogleからの検索結果から来ています。

せっかく更新した情報は、一刻も早くGoogleへ伝えたいですよね。

でも、先ほども説明したように、更新した情報はすぐには検索結果には反映されないのです。

20160131_1

▲ブログ記事のタイトルをSEOを意識したものに変更しても・・・

20160131_2

▲すぐに検索結果に反映されるわけではありません!

 

Googleのクローラーは忙しいので、そんなにすぐには来てもらえないんですね。

そこで登場するのがFetch as Gogle、というわけです。

Fetch as Gogleの使い方

まずはSerch Consoleが使えていることが条件です。

無料で使えるので、自分のサイトを登録しておきましょう。

Google Serch Console(旧ウェブマスターツール)

1.Serch Consoleメニューを選ぶ

20160131_3

▲Serch Consoleで自サイトを表示させて、メニューから「クロール>Fetch as Google」を選びます。

2.更新したいURLを入力して、「取得」ボタンを押す

20160131_4

▲自サイトから続く欄に、更新したいURLを入力します。

3.「インデックスに送信」する

20160131_5

▲下部のリストに取得できたら、「インデックスに送信」ボタンをクリックします。

4.送信方法を送信する

20160131_6

▲送信方法を選択(単一記事の場合は、「このURLのみをクロールする」を選択)して、「送信」ボタンを押します。

5.処理完了

20160131_7

▲リストで完了を確認します。

6.検索結果で確認

20160131_8

▲実際にGoogleで検索してみて確認しましょう。

無事、タイトルが更新されていました。

この更新されるタイミングはそのときによって差があるようです。

僕が試した感じでは数分程度で更新されているようでした。

タイトルの変更などをした時には、特に有効的だと思います。

まとめ

ブログへのアクセスのほとんどがGoogleからの検索結果という事実があります。

ということは、新しい記事を書いたり、内容を更新したりしたときには、早く検索結果に反映されたほうがいいですよね。

慣れればかんたんに使えるようになるので、ブログやWebサイトを運営している方は、ぜひ使ってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!