Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

【ラン日誌】3/8夜 20kmラン-速く走るよりゆっくりの方が走りにくい?

2016/03/09
By
約 2 分

平日のロングはキツイのだけど、大会までになんとか距離を伸ばしたいので、追い込みをかけた。

目標は30kmだったけど、足が重くて途中で失速。

少し歩いたりもしながら続けてみたけれど、タイムがまったく伸びなくなったので、20km走って練習を終えた。
調子は悪くなかったけれど、走りながら違和感のようなものを感じていたので、考察してみる。

10kmをハイペースで走る時よりも、30kmを走るつもりでゆっくり走る方が圧倒的に足が重い気がする。

楽に走っているという感じよりは、無理やりペースを落としてフォームが硬くなっているようなイメージだった。

一度止まったあとは、足の回転がまったく上がらなくなって、スピードに乗れなくなった。

体が慣れているのは最近中心になっているキロ5分ペース。

5:30くらいのゆっくりペースを走ると、逆に余計な力が入るのかもしれない。

10kmを超えると腰から背中のあたりが痛くなった。

体幹をうまく使えていないんだろう。

やはり長距離を走るという経験を積む必要があると感じた。

単にペースを落とせばいいという問題ではないらしい。

残り10日でできることは限られているけれど、今できる最善の状態で挑めるよう、調整していこう。
たくさん走ったので、少し体がだるい。

その日はすぐに眠くなって、ぐっすり寝ることができた。

板橋Cityマラソンまで、あと11日。

IMG_5080 IMG_5081 IMG_5082 IMG_5083 Edit IMG_5085 IMG_5086 IMG_5087 IMG_5088 IMG_5089 IMG_5090 IMG_5091

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!