Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

板橋Cityマラソン2016、目標達成ならずも自己ベスト更新&完走しました!応援ありがとうございました!

2016/03/21
By
約 3 分

IMG_5298

板橋Cityマラソン2016に参加してきました。

結果は「完走、自己ベスト34分更新」と悪くないものでした。

IMG_5307

でも、今シーズンの目標としていたサブフォーは達成ならず、4時間38分というタイム。

とても悔しい結果でした。(悔しい顔してませんが)

これに挫けず、また来年も挑戦していきたいです。

レース結果について

IMG_5311

公式の速報記録で、4時間38分6秒。

目標はサブフォー、4時間以内での完走だったので、それには遠く及びませんでした。

事前に考えた戦略通りのタイムを15km刻んで、そこから少しペースアップして30kmを目指していました。

ところが25kmあたりから少しずつ失速。

30kmあたりで、サブフォーの望みがなくなりました。

これまでになく練習を積み重ねてきたし、当日のコンディションも悪くなかった。

前半のペースコントロールは全く問題なかったし、むしろ余裕があった。

それでも目標達成できなかったのは、長距離練習が不足していたんだと考えています。

失速の原因は

24kmあたりから腰に違和感を感じたのがはじまりでした。

実は以前から、長距離を走ると腰から背中が痛くなってしまう癖がありました。

最初に感じたのは富士山マラソン、ハーフ過ぎの激坂を上がるときです。

その時は坂で気張りすぎたのかと思っていましたが、その後の練習でも、20km近く走ると腰に違和感を感じることが何度かあったのです。

1月のハーフマラソンではまったく問題なかったので、ちょうど20~25kmくらいがポイントのようです。

そこからは、腰が痛くてフォームが維持できなくなりました。

それをカバーしようとして足に負担がかかる、スピードが乗らなくなって失速してしまう。

そうなってしまうと、挽回するのはなかなか難しいのです。

リタイアも考えた後半戦

30kmあたりになると、1kmごとに休憩しなければ走れないくらいに痛みは酷くなりました。

腰は痛い、足は重い。

これまで抜いてきた人たちにどんどん追いぬかれていく。

そして、目標達成はもう絶望的。

そんな状況で走り続けるのは、本当に辛い。

 

これまでは、「初完走」「リベンジ」などの目標があったから前に進めました。

でも今回の目標はあくまでサブフォーに絞っていました。

それが叶わないと気づいて、もうそれ以上走る気力が出てこなくなってしまいました。

こんなに楽しくないランニングは初めてでした。

リタイアも考えましたが、それでは応援してくれる人に申し訳ないし、逃げるのはカッコ悪い。

そんなときに聞こえた沿道からの

「足を止めるな!前を向け!」

という声援(激?)がとても力になりました。

あの人はランナーの気持ちがよくわかってるなぁ。

 

休みながら少しずつ進んで、なんとかゴール。

今回はラストスパートをする気力も体力もありませんでした。

本当に悔しかったし、辛い大会でした。

こんな思いをしたのは、リタイアした初フルマラソンの富士山マラソン以来です。

来シーズンに向けて

来シーズンこそ、サブフォー達成します!

今回見えたのは、僕には長距離練習が足りないという明確な課題。

定期的に30kmクラスの長距離練習に取り組んでいく必要がありそうです。

フォームも改善したり、体を支える体幹を鍛えたり、長距離に耐える体を作っていきます。

そしてまた来年、板橋Cityマラソンにチャレンジしたいと思います!

IMG_5349 IMG_5350 IMG_5351 IMG_5352 IMG_5353 IMG_5356 IMG_5357 IMG_5364 IMG_5365 IMG_5366

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!