タバコをやめて6年が経過。吸わなかったタバコは44,000本?!

僕がタバコをやめたのは、2010年5月4日。

もう6年も前のことです。

「そうか~、もう6年も経つんだね。これまで何本くらい吸わなかったんだろう?」

と思って、禁煙アプリをダウンロードして調べてみました。

すると驚きの結果が。

IMG_5942

予想以上のデカイ数字にびっくりでした。笑

僕は1日20本(1箱)吸っていたので、単純計算でも6年(2193日)で約44,000本!

当時は1箱300円だったので、それで換算しても約66万円も節約したことになります!!

もし続けていたなら、有害な物質を44,000本も体内に取り込んでいたと思うと、ゾッとします。

タバコも随分と値上げをしているので、費やした金額はもっと多かったことでしょう。

わざわざ健康を害するために投資をする

こんなふうに書くと本当に馬鹿らしく思えますが、当事者としてはやめるのはなかなか大変なものです。

僕も、吸っていた時はやめるつもりもなかったですし、やめるときも大変な思いをしました。

僕がタバコをやめることができた理由

僕は自己啓発本を読むようになって、自分を見つめなおしたことが禁煙のきっかけになりました。

「喫煙という行為は、自分にとってネガティブな影響しかないのでは?」

と考えるようになったのです。

詳しいエピソードはこちらの記事に書いています。

[blogcard url=”https://yasunori.me/archives/3636″]

待っているとき、食後、寝る前など、喫煙という行為は習慣としてその人に染み付いているものです。

10年間、毎日喫煙してきた僕にとって、その習慣を断つのはとても大変でした。

それでも、いろいろな工夫をして、なんとか苦しい数ヶ月を乗り越えたものです。

[blogcard url=”https://yasunori.me/archives/3658″]

禁煙は長期的にはいいことばかり

タバコをやめた僕にとっては、禁煙して後悔したことは一度もありません。

食べ物がおいしく感じるようになりました。

体の調子がよくなりました。

肌が綺麗になりました。

イライラすることがなくなりました。

タバコが体や心に与えるネガティブな影響はとても大きいです。

これを読んでいる喫煙者の方も、薄々それに気づいているはず。

タバコの誘惑から抜け出すことは大変ですが、そこから抜けだした後はとても快適になります。

この記事を読んだことがきっかけになって、あなたが禁煙に挑戦してもらえると嬉しいです。