Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

クロスバイク初心者が長距離サイクリングに挑戦!(1)計画編

2016/05/27
By
約 4 分

P4302030

クロスバイク初心者はどれくらいの距離を走ることができるのか?

初めてスポーツ自転車を買ったら、ちょっと遠出をしてみたいと思うものです。

そんなとき「どれくらいの距離を走ることができるのか?」というのを考えると思います。

僕はこの答えを見つけるために、200kmのロングライドに挑戦してみました。

 

最初に結果からお伝えしておくと、残念ながら200kmは達成できませんでした。

それでも、1日で140kmという距離を走行することができました。

自転車で走れる距離というのは、体力や経験によって変わってきます。

それは一度挑戦してみないとわかりません。

準備を含めた経験、走ったあとの疲れ具合、失敗したことなど、すべてがいい経験になりました。

僕はこれをやったことでサイクリングやトレーニングの計画も立てやすくなったと感じています。

そんな僕の初ロングライドの記録を、数回に分けてお届けしていきたいと思います。

IMG_5851

初めてのロングライドは「日帰り」にした理由

クロスバイクを買って2ヶ月ほど経ったころ。

それまでは休日に少し都内を走るくらいでしたが、一度ロングライド(長距離走行)をしてみたいなと思っていました。

ちょうどゴールデンウィークが控えていたので、計画を立て始めました。

 

実は当初は、泊りがけで東京湾一周をしよう(工程は200km)と思って計画を進めていました。

でも計画を進めるうちに、宿を取って一泊二日の工程にすると、こんなリスクがあるということがわかりました。

  • ・日程が固定されるので、天候が悪い場合にキャンセルになるリスクがある(雨はとても危険なので)
  • ・その日のうちに「宿までたどり着く」必要がある(1日の走行距離に縛りが出る)
  • ・宿泊するので、着替えなど多少荷物が増える(重量増でスタミナ消耗)

そもそも僕は1日30km以上自転車が走ったことがない初心者ですし、今回は単身でのチャレンジです。

ゴールデンウィークは宿泊施設が値上げしている上に、すでに予約が埋まって選択肢が少ない状態です。

わざわざそんな時期にやらなくてもいいんじゃないかなと。

多少距離を伸ばしても、途中で帰ってこれる方が気が楽だろうということで、「日帰り往復コース」を検討することにしました。

(海沿いを走る東京湾一周はとても魅力的なので、日を改めて挑戦してみようと思います。)

そうだ 温泉、いこう。

on_042

旅といえば温泉に浸かりたいと思ったので、パッと思いついたのが「秩父」でした。

調べると、秩父にもちょうど良さそうな日帰り温泉がありました。

秩父は何度か行ったことがあるので地名は馴染みがありましたが、実際に地図上で見てみると意外と遠く、片道100kmもありました。

往復で200km、しかも山に向かっていくので、自転車初心者にはかなりハードルが高そうです。

 

でも、楽々クリアできるような目標よりは、自分の限界を知れるくらいハードルが高い方が面白い。

ダメなら途中で帰って来ればいいじゃないかと、気楽に考えてみました。

もしかしたら山や峠を攻めるのが好きで得意かもしれないし。

とにかく、やってみなければわからないのです。

 

出発時刻は朝の7時くらい、18:00頃には暗くなり始めて危険なので、それまでには帰ってこれるように余力を持って行く。

これが僕の立てたプランでした。

僕はランニングを3年ほどやっていて、フルマラソンを3度完走しています。

体力にはそこそこ自信があるので、こんな目標にしてみました。

さすがに、何もやっていない人がいきなり200kmというのは、ちょっと無理がありそうな気がします。

次回は準備編!

次回は準備編。

人生初のロングライドに向けてのクロスバイクのチューニングや、荷物などをご紹介していきます。

実際に役立ったので、実用的な内容になりそうです!

▼つづきはこちら!
クロスバイク初心者が長距離サイクリングに挑戦!(2)準備編

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!