Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

Apple Watch Suicaを使うなら右手が便利!でも・・・

2016/11/15
By
約 3 分

最近すっかりAWS(Apple Watch Suica)がお気に入りです。

コンビニ、自販機、スーパー、松屋、もうSuicaが使えるところは何でもタッチ一発です。

Apple WatchのSuicaは、スマホやカード型のSuicaと比べて圧倒的に便利です。

それは「なにも取り出さなくていい」ことです。

Apple Watchをカバンやポケットの中にしまう人はいません。

腕を差し出すだけで、支払いができてしまう便利さは、他のSuicaよりも優れていると感じています。

Apple Watch Suicaを使うなら右手が便利!

唯一、不満なのが駅の改札です。

Suicaで自動改札を通るときにタッチをしようとすると、左手を右側に伸ばして、さらに少し腰をかがめる動作をしないといけません。

もしくは体を右にねじって傾けるかすると届きますが、そのままターンでもできそうなくらいな勢いです。

この動作、とても不自然なので、すごく面倒に感じます。

これを解決するには、そう、Apple Watchを右手につければOKです。

それだけで、改札がとても快適に通れるようになりました。

たいていのSuicaタッチエリアは、右側に寄せてあることが多いです。

カードや携帯の利用が前提であっても、右利きでの利用を考えてのことですよね。

だから、Suicaは体の右側に合った方が便利なのです。

でも、右手の腕時計は慣れない!

ただ、腕時計を右につけるのは慣れないという人も多いと思います。

僕も普段は左腕に着けてきた人なので、利き腕側だけについているのはちょっと不自然に感じています。

長時間体に身につけるものなので、位置が変わると違和感を感じるのは仕方ないことだと思います。

利き腕というのはそうでない方に比べてよく動かすので、

センサーがたくさん動いて電池の持ちが悪くなったりしないかな、とか、

ぶつけたりしやすくならないかな、とか、

いろいろ考えながら使っています。

Apple Watchは上下の向きを変えられますが、左に変えるとボタンの誤動作が増えてしまったので、今のところ操作ボタンは右側のままで使っています。

とはいえ、Suica利用が前提なら右手着用の方が圧倒的に便利なのは確かなので、

また、しばらく使ってみてレポートを書きたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!