冬のスポーツウェアはインナーが重要!あの定番商品ではダメな理由とは

thumbnail.jpg

冬のスポーツは、ウェア選びが難しいですよね。

夏は速乾性の半袖や薄手の長袖を選べばいいのに比べて、

寒い時期は温度によって微妙に変える必要があったりして、大変です。

その中でも快適さを決めるポイントを握っているのは、

インナーウェアだということを知っていましたか?

この記事では、冬のスポーツ用インナーウェアの選び方を勉強していきましょう。

冬の定番といえばヒートテックだけど・・・?

冬の定番インナーといえば、ユニクロさんのヒートテックですよね。

すでに持っている、いつも使っている、という方も多いのではないでしょうか。

僕も普段着として、愛用しています。

「普段着として」とわざわざ書いたのは、

実はこのヒートテック、スポーツにはあまり向いていないからです。

ヒートテックは湿気(汗)を熱に変えるという機能を持たせているのですが、

その分保湿性が高くなっています

保湿性が高いということは、速乾性はないということで、蒸れやすいとも言えます。

汗を大量にかいた場合は、汗がインナーにそのまま残ってしまって、

汗冷えの原因になってしまいます。

ランニングやサイクリングなど、野外で大量に汗をかくスポーツの場合、

この汗冷えというのはかなりキツイです。

重視すべきは「密着性」と「速乾性」

気温が低いときは、汗をすぐに乾かしてしまうのが一番です。

かいた汗をすぐに吸収させるには、体に密着したインナーが適していると言えます。

それと同時に、吸収した汗をすぐに乾燥させる速乾性を持っていることが望ましいです。

肌から放出された汗を、インナーウェアで素早く吸収して、あっという間に乾燥させることで、

肌はいつもサラサラ、冷えも防ぎながら快適な着心地を得ることができるのです。

これらの条件を備えているのが、コンプレッションウェアです。

pb130117

コンプレッションウェアというのは、体にフィットしたスポーツ用のインナーです。

「コンプレッション」というだけあって、ほどよい締めつけ感があります。

このコンプレッションには、スポーツ時の運動性能を上げる効果があると言われています。

TESLA オールシーズンラウンドネック スポーツシャツがコスパ最高!

僕が購入したTESLA オールシーズンラウンドネック スポーツシャツは、

ポリエステルとポリウレタンという、速乾性を重視した繊維が使われています。

先に説明をした密着性と速乾性を兼ね備えたインナーウェアということです。

pb290485

このウェアはかなりタイトなようで、Amazonレビューでもサイズ選びに苦労された人が多いようでした。

僕は普段Sサイズを着ることが多いですが、サイズ表やレビューを参考にして、Mサイズを購入しました。

pb260432

ちょうどいい締めつけ感で、ジャストサイズだと思います。

運動をしていると、ほどよいコンプレッションがあって、確かに動きやすいように感じます。

汗をかいても蒸れずに、すぐに乾いてくれるので、とても快適です。

thumbnail.jpg

気温10℃くらいのランニングなら、このインナーウェアに夏用のランTシャツで十分快適に走れますね。

夏もUVカット用のインナーとしても使えるので、

オールシーズンいけちゃいそうで、かなりお得なウェアだと思います。

でもこういうスポーツ用のウェアって高いし・・・って思いますよね?

いやいや、心配はいりませんよ。

このTESLAのシャツなら、ちょっとお試しで買ってみようかな?と思えるような価格なんです。

そんなわけで僕ももう1枚くらい色違いと、タイツも揃えようかなぁと考えているところです。

コスパ最高で、超オススメです!

現行品は以下のリンクからどうぞ。