Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

念願のロードバイクを購入しました!恋も自転車も、出会いは突然に。

2016/12/07
By
約 7 分

img_8895

クロスバイクを2016年2月の終わりに購入してから、早くも10ヶ月が経ちました。

5月には初めてのロングライドに挑戦して、200km走るつもりが途中で力尽きて140kmで帰って来たりしました。

荒川沿いに河口まで走りにいって、ロードバイクと競ったり千切られたりしました。

でも、長距離を走るといつも頭をよぎるのは、僕がロードに乗っていたら…という想い。

 

僕は心の奥底でロードバイクに憧れ続けていました。

そしてついに、運命のめぐり合わせが訪れ、僕は念願のロードバイクを手に入れることになりました。

この記事は、僕がロードバイクを購入するまでの経緯や想いを綴った、エッセイです。

さて、いったいどんな出会いがあったんでしょうか。

代わりにはならない

P4302032

僕がそもそもロードバイクでなく、クロスバイクを購入したのは、自転車を日常の足としても使いたかったからでした。

(クロスバイクとは ー 道を速く走るロードバイクと、山や悪路を走るマウンテンバイクのいいとこ取りをした自転車。)

ロードバイクは普段使いとしてはやや不便なところがあるので、ほどよくスポーティなクロスバイクを買って、まずはスポーツ自転車に慣れようという考えだったんです。

その考えは今でも変わりませんし、最初にクロスバイクを買ったことについて後悔はしていません。

 

でも僕は、普通の人より少しは体力に自信がありました。

前を走るロードバイクのように軽快に走ってみたい、と思うようになるまで、それほど時間はかかりませんでした。

でもクロスバイクは、

ロードバイク用の細いタイヤを履いても

ハンドルを下げてより深い前傾姿勢を取っても

ハンドルバーをつけて楽なポジションを取れても

やっぱりクロスバイクはクロスバイクなのです。

IMG_5868

いっその事、まとまったお金をかけてカスタムして、ロードバイクのようにしようかと考えたこともありました。

でも、フロントギアをロード用にしようと思えば、結局コンポーネント(ギアやシフトなどの総称)をほとんど変える必要があります。

それを実現するには、パーツ以外に工具も必要になり、それにはお金がかかります。

車体と同じくらいのお金を出せば、ロードバイクのような構成に変えることができますが、車体の肝とも言えるフレームの設計思想がそもそも違います。

 

調べれば調べるほど、超えられない壁の大きさを知ることになりました。

「ロードっぽい感じ」にはなりますが、クロスバイクはロードバイクにはなれないのです。

そしてそれは「クロスバイク」として生まれたESCAPEの、個性を殺してしまうことになってしまうかもしれません。

同じお金をかけるなら、安いロードバイクを買ってしまったほうがマシかもしれません。

そのことを悟ってしまってからは、僕はそれ以上カスタムをする気がなくなってしまいました。

僕のESCAPE RX3ロード化計画は、夢の内に終わったのです。

中途半端は、嫌

そんなに欲しいなら、ロードバイクを買えばいいじゃないか、と思いますよね。

実際、クロスバイクを買ってから数ヶ月でロードバイクを買う人は多いと言われています。

でも僕はこう思ったのです。

10万円程度で買える初心者用のお手頃なロードバイクは、RX3と同じアルミフレームだし、アップグレードとしてはやや中途半端じゃないだろうか。

どうせロードを買うなら、カーボンフレームで上級のコンポーネントを搭載したものが欲しい、と。

 

たとえば、僕のクロスバイクと同じメーカーのGIANTなら、

TCR ADVANCED 2

というモデルがコストパフォーマンスが良さそうでした。

僕の好みなブルーカラーもあったので気に入って、実物も何度か見に行きました。

でも車体価格20万円の自転車なんて、そうそう手が出ませんでした。

他にも欲しいものは、たくさんあるのです。

僕のロードバイク購入計画は、またしばらく延期と相成りました。

情熱の再燃

僕のブログは、自転車関係の記事を見に来てくれる方がとても多いです。

僕がロードバイクが買えなくて悶々としている間にも、RX3のレビュー記事はガンガンPVが増えています。

たくさんの人に見てもらえることは、とても嬉しいことなので、モチベーションにもつながります。

そこで、冬にもちゃんとRX3に乗ってあげようと思い、寒い中でもスポーツ走行ができるように装備を整えることにしました。

冬用のジャージや手袋などを買い揃えるうちに、また少し自転車で遠出もしてみたいな、と思うようになりました。

 

そんな頃、自転車でのロングライドを題材にしたアニメ「ろんぐらいだぁす!」が始まり、僕も友人に勧められる形で見てみました。

初めてスポーツ自転車に乗った時の感動、トラブル、初心者あるあるなどが満載で、とても楽しいアニメでした。

それを通じて、あらためてロングライド、そして自転車の魅力を再認識したのです。

自転車はレースが全てじゃないし、輪行したりして遠くにも行ってみたい。

(弱虫ペダルみたいに熱いのも好きだけど)

あぁ、やっぱり長い距離を楽に走れる、ロードバイクがほしいな。

運命の出会い

買い物で東急ハンズを訪れていたときのこと。

2Fにある、自転車コーナーに何気なく立ち寄ってみました。

そこで目に飛び込んできたのは、あの、GIANT「TCR ADVANCED 2」のブルーカラーでした。

お、置いてる置いて…る?!

そう思った瞬間、値札に目が釘付けになりました。

img_8674s

img_8674-3s

安っ!!

 

あぁ、いや、金額は安くないけど安い!

 

なんと、6万円引きの大盤振る舞いです。

すごい。

型落ちとはいえ、新品のロードバイクが3割も値引いて売っていることなんて、そうそうありません。

しかも、その値札が付いているのは、僕が欲しいと思っていた、サイズもカラーもドンピシャの車種なのです。

興奮して思わず鼻血が出そうになりながらも、ちょっと待てよと冷静になりました。

(6万円引きでも14万円だし、安い買い物じゃないだろ、落ち着け。)

(オイオイ、最近Macbook Proを注文したばかりじゃないか。)

(もし買ったとして、RX3(クロスバイク)はどうする?)

その日は何とか思いとどまりました。

 

でもそれ以来、TCRが頭から離れなくなってしまった僕は、情報収集を始めていました。

調べてみると、GIANTのロードバイクはすでに2017年モデルに変わっているようでした。

僕の愛しの「青のTCR」は2016年モデルで、すでに生産中止、市場に出ているものしか手に入らないことがわかりました。

これを逃したら、しばらくはほしいと思うロードには出会えないかもしれない。

14万円なら、頑張ればなんとかなりそうです。

クロスバイクの処遇も、買ってから考えてもいいわけです。

よし、3回目見に行って、まだあったら買おう。

ここからが本当のスタート

img_8895

そして、無事巡り会い、僕のところへ来てくれました。

まるで、昔好きだった人に偶然再会して、恋愛関係になったような感じです。

最初のクロスバイクであるESCAPE RX3も、お店で一目惚れしたようなものでした。

僕は見た目から入るタイプなので、こういう印象に残る出会いには弱いのかもしれません。

(ちなみに、3割引きの理由は、型落ち品であることと、ダウンチューブ下に小キズがあることでした。そんなもんで3割引きになるもんなんですね。)

 

自転車も、巡り合わせだと思います。

出会うべくして出会ったTCR、そしてRX3も一緒に、これからも走っていきたいと思います。

あなたも、いい自転車(パートナー)に出会えますように。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

コメントはこちらへ

*

CAPTCHA