Notes of Life

人と音楽とITの可能性を追求する、Yasunoriのブログ

軽度なトレーニングに意味はあるのか?を考えながら回した30分【ローディ日誌】

約 2 分

今朝は軽い強度で楽に30分間回すトレーニングです。

昨日のタバタとは違って、身体に対する負荷はかなり軽いです。

汗はかなりかきますが、心拍数はせいぜい130くらいで安定します。

このペースならいくらでも続けられそうな感じです。

一方でタバタはたった4分で立てなくなるくらいに疲労しますし、心拍数も160以上になります。

タバタの有用性は高いことはよく知られていることですが、では軽度なトレーニングは効果がないのか?という疑問が出てきます。

タバタトレーニングはあくまで最大酸素摂取量と最大酸素借を高めることが目的です。

運動能力のパフォーマンスを上げるためのトレーニングなので、自転車の技術を高めるためのトレーニングではないということです。

自転車で速く走るためには、ペダルの回し方や身体の使い方といった技術的な要素もあります。

もちろん、ローラ台だけでなく外で実走行しなければ身につかない部分もあります。

今日はペダリングを均一にすることとライディングフォームを意識しつつ、そんなことを考えながら回しました。

こんな記事もいかがでしょうか?

音楽家のためのITレッスンやってます

ブログや情報発信を学びたい音楽家のサポートをしています。
音楽家のためのWordPressブログスタートアップ支援サービス

この記事を書いた人

ITコーチ・音楽家・ブロガーYasunori
ITコーチ、音楽家、ブロガー。
1980年7月23日、香川県生まれ。東京都在住。
フリーのITエンジニアとして企業に務める傍ら、音楽家向けにブログレッスンを行うなど、IT分野と音楽分野を融合させた多面的な活動をしています。趣味は自転車。

詳しいプロフィール / お問い合わせ

コメントはこちらへ

*

CAPTCHA