『室内ローラー練』を参考に、シリアストレーニングを始めてみました【ローディ日誌】

今日もローラー台でせっせとペダルを回しました。

今回はちょっと本気の練習メニューに挑戦してみましたよ。

これまではビルドアップや回復走、タバタなどの中から「今日はこれ」と決めたことをやっていました。

でもどうしても単調で長い練習は辛いことと、1日1種類なので、あまりたくさんのことはできないのが難点です。

練習メニューを組もうにも、そんな知識ないし。

どうすればいいんだ!

メニュー集を参考にトレーニングをやってみよう

そんな時に、買ってあったことを思い出したのがこの本です。

ターク・フリール、ウェス・ボブソン共著『室内ローラー練 サイクリング・トレーニング・メニュー集』。

なんてマニアックな本なんでしょう!

内容もひたすらローラー練のメニューが説明されてあるだけです。

しかも専門用語のオンパレードでかなり意味フ・・・読みづらいです。

興味のない人には何のことかさっぱりな感じですが、僕はだんだんコーチのように思えてワクワクします。

今日はこの中から、小手調べに「持久走メニュー1」をやってみました。

  • ウォーミングアップ 15分 (ノーマル、ダンシング、片足)
  • メイン(1)重いギアで70rpm 2分×6、インターバル1分
  • インターバル3分
  • メイン(2)重いギアめ70rpm 3分×6、インターバル1分
  • クールダウン 5分

合計63分のメニューです。(少々意訳してます)

メニューは自転車横にPCを置いて、適宜見ながらやります。

ギアの重さは心拍数を見ながら調整しますが、強度の目安になるテストをまだやっていないので、今回は負荷軽めでの挑戦です。

メニュー化されたトレーニングをやってみた感想

慣れないのでなかなか大変でしたが、1時間集中してトレーニングができました。

これまでは「ひたすら100rpmで回す」みたいなトレーニングをしてきましたが、この本に書かれているのは

〇〇の負荷で70rpmを2分間維持した後、ギアを軽くして100rpmインターバル1分、これを6セット

という感じでメリハリのある内容です。

鍛える場所や目的も明確に提示されているので、意識がしやすいと感じました。

おろそかになりがちなウォーミングアップやクールダウンもメニューに組み込まれているので、回復促進や故障の予防にもいいですね。

トレーナーがいなくて独力でトレーニングしている方にはオススメなんじゃないでしょうか。

さいごに

規則的に変化するケイデンスグラフを見て、「あぁ、ちゃんとトレーニングしてるなぁ」と、自己満足もしたり。笑

片足ペダリングやダンシングなど、自分ではなかなか取り組みづらいトレーニングも組み込まれているので、楽しいです。

メニューはまだまだたくさんあるので、少しずつ挑戦してみたいと思います。