【モブログ】Logicool K380 安くて使いやすいモバイルキーボード、スマホにもぴったり!

モブログ(モバイル環境でブログを書くこと)するなら、

スマホ+キーボードがあると、ライティングが捗ります。

僕はこれまでLogicoolのK811というキーボードを長年愛用していたのですが

半年前にキーが壊れてしまい、残念ながら買い換えることになりました。

そして2代目のモブログ用キーボード

「K380」を半年間使ってきたので、オススメポイントを紹介します。

重いが安定していて打ちやすい

まずはキーボードの基本機能からいきましょう。

ストローク(キーが沈む深さ)は普通のノートPCくらいで、深くも浅くもなく。

先代のK811と同じく、Macbook Airと同じような打鍵感で、Macユーザーなら違和感なく使えると思います。

丸いキーはそれほど気にならないと思います。

キーの角に爪が引っかかったりしないので、場合によっては打ちやすく感じるかもしれません。

まだ半年しか使っていないので、耐久性については未評価です。

次に重さですが、電池込みで415g。

ちょっと重く感じるかもしれませんが

ゴム足と合わせてとても安定性が高くなっているので、打ちやすさにも繋がっていると思います。

多少重くても打ちやすいキーボードが欲しい!という方にオススメ。

バックライトがないのでロングライフ

バックライトがあると、キレイだったり暗闇で見えたりといいところもあるんですが、

どうしてもバッテリーの消費が激しくなってしまいます。

しかしこのK380は無駄なものは一切ついていません。

その分、バッテリー(単4電池2本)で十分に長持ちします。

使い始めて半年間、かなりの頻度で使っていますが、いまだに電池交換なしです。

バッテリーの持ちを気にしたくない!という方にオススメ。

マルチデバイス対応、iPhone/Android/Windows/MacなんでもOK

モバイルで持ち歩く場合、スマホだけでなくPCにも繋げると便利なこともあると思います。

このK380は、マルチデバイス対応なので、心配無用です。

iPhoneだろうが、Androidだろうが、WindowsやMacであっても接続可能です。

さらに、

F1~F3キーにそれぞれの接続先を登録しておけるので、

ボタンを押すだけで切り替えて使い分けることができるんです。

これが結構便利で、

僕はiPhoneとWindowsタブレットを並べて使っていました。

色々な種類のデバイスをお持ちの方にオススメ。

【総評】安くていい感じ

3点ほどオススメポイントを紹介してきましたが、

極めつけはこれが実売2,600円ほど(2018年10月時点)で手に入るところですね。

安くていい感じに使えるキーボード、とってもオススメです。

モブログ用にモバイルキーボードに興味のある方、おひとついかがでしょうか。