Notes of Life

人生をより豊かにしていこう

【ロードバイクいじり】リアディレイラーを105(5800)からアルテグラ(R8000)にアップグレードした!

約 3 分

RD-R8000-SS

こんにちは、Yasunoriです!

5月に出場する榛名山ヒルクライム「ハルヒル」に向けて、準備を進めています。

今回は機材のお話です。

ヒルクライムの登り対策のために、リアディレイラーをアップグレードしましたよ。

リアディレイラーをアルテグラに交換!

愛車TCR ADV2のコンポーネントは、フル105です。

今回は、そのうちリアメカを、最新R8000シリーズのUltegraに交換してみました。

これまでついていた105は一世代前の5800シリーズだったので、一世代新しく、1グレードアップになります。

交換したのはリアディレイラー、チェーン、カセットスプロケットの3点。

スプロケはアルテグラの11-30T、チェーンは最上位のCN-HG901です。

それ以外は、まだ105のままです。

11速対応のコンポなら、部分的にアップグレードができるのもSHIMANOコンポのいいところですね。

なぜリアディレイラーだけ交換したのか?

今回リアメカだけ交換したのは、理由があります。

僕は最近トレーニングをサボっていました。

今度走るヒルクライムレースは、完走するのもかなり大変だと思うんです。

そこで、少しでも負担を軽減するために、より大きなギアを使えるようにしておきたいと考えました。

(より大きなギアを使えば、速度は遅くなるけど、ペダルの回転は軽くなるから)

僕のバイクについているRD-5800SSは28Tまでの対応。

すでに一番大きなギア(11-28T)をつけています。

それよりギアを軽くするためには、機材の交換が必要だったんです。

将来的には、全てのコンポを変えていきたいと思います。

リアディレイラーの取り付けを自分でやってみる

いつもパーツの取り付けは極力自分でやってみることにしているので、今回も色々調べながらトライしてみました。

一番苦労したのは、流用したインナーワイヤーを、アウターケーブルに通すところ。

ワイヤーカッターを持っていなかったので、ワイヤーをペンチで切った結果、切断面がほつれてアウターケーブルに通しにくいということに。

ワイヤーカッター必需品だわこれは…

チェーンの長さや、ディレイラー位置の調整は、マニュアルを読みながらなんとかやりました。

多分合ってるはず…

アウターケーブルの長さがイマイチ決まっていなくて、ちょっと長めでカッコ悪いんですが、とりあえず変速は問題ない状態になりました。

ちょっとずつ走り込んでいきたいと思いますよ。

あっ、スマートトレーナー用のスプロケは105の11-28Tだけど。

RD-R8000-SS

シマノのコンポは部分アップグレードができるのでいいよね

先にも書きましたが、シマノのコンポは互換性があるので、いいんですよね。

11速対応同士なら部分的に交換ができるので、ちょっとずつアップグレードが可能です。

僕もアルテグラの窓を開いたので、これから少しずつ上位グレードに交換していきたいと思います。

こんな記事もいかがでしょうか?

コメントはこちらへ

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

Yasunori

ITコーチ、アーティスト、ブロガー。

ITエンジニアとして企業に務める傍ら、音楽家向けにブログレッスンを行うなど、IT分野と音楽分野を融合させた多面的な活動をしています。

最近ハマっているのは自転車と料理。

詳しいプロフィール / お問い合わせ