Notes of Life

人生をより豊かにしていこう

【Zwift】ワークアウト機能を使ってみた。画面上でトレーニングメニューを指示してくれるのが便利!

約 3 分

Zwiftでのトレーニングも少しずつ本格的にやっていこうということで、「ワークアウト」をやってみました。

自分の自転車を使って、室内でバーチャルライドができる「Zwift」ですが、ただコースを走れるだけじゃないんですね。

ワークアウトという機能を使えば、事前に登録されたトレーニングメニューに合わせて、Zwiftが自動的にメニューの指示をしてくれるんですよ。

Zwiftワークアウトをとりあえずやってみた

今回やってみたのは「2×20 FTP Intervals」というメニュー。

ウォーミングアップとクールダウンを含めて、1時間20分のワークアウト。

”FTP”に相当する出力を20分間維持する、ということを2回行います。そのまんまですね。

FTP20分の間に休憩を挟むとはいえ、そこそこキツイです。

ちなみにFTPとは、1時間持続できるギリギリのパワーのこと。(FTPを測定するためのワークアウトもあります)

 

最近長時間の練習をやってなかったこともあって、高負荷の状態を長く続けるのはかなりハードでした。

途中で何度も足が止まりそうになるのを堪えつつ…

こういうトレーニングが自宅にいながらできるのはいいですね!

画面表示が充実していて便利!

Zwiftのワークアウト中は、画面上に消化するメニューが自動で表示されています。(画面左上)

今踏んでるパワーで、残り何分回せばいいのか表示してくれるので、ストレス管理がしやすいと感じました。

心拍数とケイデンスを管理しつつ、ペダルを回すことに集中できるので、効率のいいトレーニングができると思います。

単調になりやすいローラートレーニングですが、画面上のバーチャルコースも流れていくので、多少「乗ってる感」も出てやりやすいと感じました。

ERGモードは自動負荷調整してくれるのでやりやすい!

また、Zwiftのワークアウトでは、ERG(エルゴ)モードというのがあります。

ERGモードは、現在のケイデンスで目標のパワー値が出せるように自動的に負荷を調整してくれる機能です。(スマートトレーナーのみ)

 

たとえば、100W(1分)と150W(1分)を繰り返すトレーニングがあったとしますよね。

ケイデンス90rpmで100Wを回し始めるとします。

すると1分後に、90rpmのままで150Wが出せるように、自動的に負荷が変わってくれるんです。

変速もほとんど必要としないので、淡々と90回転くらいのケイデンスを維持すればOKってことです。

 

これ、淡々とトレーニングしたいときは、めっちゃ便利だと思ってます。

(ただしコースのアップダウンと、負荷が連動しなくなります)

スマホ連動のコンパニオンアプリも便利!

Zwiftには、サポート用のコンパニオンアプリがあります。

Zwiftで走っている間もスマホ側で起動していれば、自動で連動してくれます。

各種センサーの数値を表示したり、画面上のコントロールもできるようになっています。

走り終わったあとは、上のスクショのような履歴を表示させる機能もあって、振り返りができるのでいい感じですよ。

まとめ

Zwiftはバーチャルコースを走るだけでなく、ちゃんとしたメニューを組んでトレーニングができるんです。

せっかくスマートトレーナーがあるなら、ちょっとストイックにトレーニングしてみるのもオススメですよ。

機能をどんどん活用して、もっとZwiftを楽しんでいきましょう!

コメントはこちらへ

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

Yasunori

ITコーチ、アーティスト、ブロガー。

ITエンジニアとして企業に務める傍ら、音楽家向けにブログレッスンを行うなど、IT分野と音楽分野を融合させた多面的な活動をしています。

最近ハマっているのは自転車と料理。

詳しいプロフィール / お問い合わせ