三木中吹奏楽部同窓会!

今日は中学校の部活、三木中吹奏楽部の同窓会でした。

当時の吹奏楽部の顧問の先生が母校の校長に就任したのですが、それを知った人達が今回の企画をしてくれました。

卒業以来会っていない人は、実に16年振りとか(笑)

しかし、出席率がなんと80%くらいで、予想よりかなり高くてびっくりしました。

ほとんど来てるやん!

しかもそのほとんどが既婚とか。

さすが田舎!

同学年の吹奏楽部の男子は2人だけだったのですが、当時の相棒Yくんは、現在海外赴任中とのことで残念ながら不在。

今度は必ず来るんだぞ~!(ノД`)

私たちの代は、中学3年の時、吹奏楽コンクール四国支部大会で「金賞を受賞したにも関わらず、全国大会に行けなかった」という、なんというか悔しい結果を刻んだ代でした。

※通称ダメ金と言いまして、吹奏楽コンクール的には何ともやるせない気分になる結果なのです。

でも熱い夏だったんですよね、みんなもやはり印象深いイベントだったみたいでしたし、青春って素晴らしいなと。

今回すごく印象に残っているのが、会場で当時のコンクールの録音を流して、みんなで聴いたこと。

みんなの顔をみながら、当時の音源が聴けるなんて、こんなに嬉しいことはなかったです。

幹事ちゃん、ナイスサプライズでした!さすが!

吹コン以外でも、当時の思い出話は、とても懐かしかったですね。

当時の事をよく覚えている人は、同じ高校に進んだ人が多かったり、地元にいて再会することがあったりして、思い出話をしている傾向にあるのかな?と感じました。

私は高校から一般的ではない音楽系に行ってしまい、地元からも離れてしまったために、みんなと接する機会もなくなってしまいました。

結果として、思い起こすことも少なくなってしまい、次第に記憶が薄れてしまったのでしょうね。

コミュニティが変わる、もしくは離れることって、結構大きな影響があるんですよねえ。

こういう集まりの場合、普通「みんな全然かわってないね~~~」とか言うものなんですが、一番印象が変わっているのが主賓の先生という罠。

25kg痩せてメガネなくなったら、さすがにちょっとワカリマセン。

みんなを観察していて思ったのが、その人の雰囲気を形作っている要素の一つが、「既婚or未婚」ということ。

みんな同じ年齢なはずなのに、見た目は「みんな変わっていないね~~~(笑)」なのに、何か違うんですね。

既婚と未婚、結構わかるもんだな~と思いました。

特に、小さい子どもを持っている女性は、まさしくママさんの雰囲気を持っているものなんですね。

子連れの人もいて、子どもと戯れてきました。

こどもかわいいなぁこども(´∀`)

他にも色々感じたこともあるのですが、色々アレなんでゴホンゴホン・・・

同じ目標を持って頑張っていた20人近くの人が、それぞれの道を15年以上歩いてきて、また再会するって、考えてみたらすごいですよね。

もっとみんなと、いろんな人と、ゆっくり話がしたかったです。

数年後とか年1回とか言わずに、小規模でいいからもっと交流すればいいのにな~。

なんか案出してみようかな。

思ったことをずらずらと書いてしまいましたが、とりあえず、楽しかった!

またやろう!

こんな記事もいかがでしょうか?

シェアする

フォローする

コメント

  1. ろすと より:

    はじめまして
    私は83年の三木中吹奏楽部所属でした。
    その頃の三木中吹奏楽部はへたれヤンキー部で
    ダメ金どころか地区大会万年銅賞、こんなんで大会でていいんかいなレベルでした
    その当時の顧問が武蔵野音大出で、どうにかしたいと私の1個上の先輩達を矯正
    私たちも半クーデター(というほどの事でもないですが)、
    牟礼中(当時金賞常連校)と合同合宿おこなったり
    懐かしい思い出です。
    自分たちはようやく銀賞とれた所で終わりましたが、その後の三木中が金賞とったり
    のニュースは嬉しかったです。

    ありがとうございます