僕が自炊をしない理由

僕は今、東京都内のワンルームマンションで、一人暮らしをしています。

ここに住んで約1年経ちますが、家で一度も自炊をしたことがありません。

僕はなぜ自炊をしないのか、その理由を紹介しましょう。

一度も使っていないIHヒーター


ワンルームのキッチンなので、IHヒーターがついていますが、一度も使ったことがありません。

使わないので、IH部分のブレーカーを落としています。

備え付けの小さな1ドアの冷蔵庫があります。

中には豆乳、チーズ、果物、ビールくらいしか入っていません。

電気ケトルはあるのでお湯は沸かせますが、電子レンジはありません。

食器はコップ類しかなく、お皿は1枚もありません。

もちろん、フライパンや包丁などの調理器具も一切ありません。

「なんで自炊しないの?」とよく聞かれます。

ここまで読んだ方も「なぜ?」と思っているのではないでしょうか。

僕が自炊をしない理由

僕はこんな理由で「しばらく自炊しない」と決めました。

  • 手間がかかる、片付けが面倒 (面倒くさい)
  • 一人分を作るのは時間とお金の効率が悪い (コスパ悪い)
  • 自分で作った料理を一人で食べるのが虚しい (寂しい)
  • 一日中家に居られるので外に出なくなってしまう (出不精)

中でも一番の理由は、僕は出不精なので「家から出るために外食をする」ということ。

食事をするために、無理矢理にでも家から出る状況を作り出しています。

僕は家にこもりがちな性格なので、これを事前に予防するためです。

家にいるとついのんびりしてしまったり、気が抜けてしまうので、できるだけ外に出たいと思っているのです。

休日にはカフェに行って本を読んだりブログを書いたりしているのも、これが理由です。

外のカフェでは、家にいるよりも一つのことに集中して取り組めるので、重要な時間になっています。

今の自分に合った生活環境づくりをする

今は、家具なども机やベッドくらいしか置いていません。

キッチンも含めて「ビジネスホテルのシングルルーム」くらいの設備しかありません。

家に置くものを厳選して、自分の性格や目標としたいことに合わせて環境を作っていくことも、大切なことだと考えています。

すわり心地のいいソファーや、いい音で聴けるオーディオなども欲しいですが、それは後でも実現できます。

「今自分に必要なことって何だろう?」と考えた結果、単身赴任のような環境に落ち着いています。

「自炊をしない」という選択肢も、今の自分に合った環境を選択しているからなのです。

追記 2018/3/25
現在では自炊を始めて、キッチンも充実してきました。
引っ越しはしていませんが、狭いスペースでも置くものを厳選してなんとかやりくりをしています。

3年間外食に頼ってきた僕が、自炊を始めるようになったわけ|Notes of Life

こんな記事もいかがでしょうか?

シェアする

フォローする