Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

香川県といえばやっぱり「うどん」

2014/08/31
By
約 3 分

帰省していちばん食べたかったものといえば、やはり「うどん」です。

わたしの故郷の香川県は、通称「うどん県」ですからね。

高松空港で一番初めに迎えてくれるのも、うどんです。

IMG_5793

うどん県副知事さんもプロモーション頑張ってます。

IMG_5859

 うどん県民にとって「うどん」とは

うどん県民にとって、うどんは「ソウルフード」です。

お昼に外食する必要があるなら、「どこのうどん屋行く?」が合言葉です。

ラーメンや定食系など、他の飲食店よりも、圧倒的に単価が安く、店舗数も多いので、自然とうどん屋に足が向いてしまいます。

そのくらい、香川の外食産業における、うどん屋の影響は大きく、県民全体もそれに慣れてしまっています。

それ故に、(炭水化物の摂り過ぎで)糖尿病率が高いとか・・・

香川のうどん屋の特徴

もともと個人経営のお店が多く、最近でこそチェーン店が少しずつ増えてきましたが、まだ少数派です。

はなまるうどんも一応ありますが、行く人はかなり少ないのでは。

 

個人店、チェーン店含めて、どんどん新しいうどん屋さんができますが、同じような勢いで淘汰もされていきます。

古くから長く続いていて、今も流行っているうどん屋さんは安定しています。

 

お店選びの傾向として、香川県の人は自分の生活範囲の近所に数軒の「行きつけ」を見つけておいて、普段はそこに通っています。

そして少し遠出したついでなどに、その地域で有名なうどん屋などに足を運ぶことが多いのです。

 

三木町「滝音」

わたしの実家のある香川県、三木町にあるうどん屋「滝音」さん。

休日のお昼によく行っていた、わたしの「行きつけ」うどん屋さんです。

ちなみに近くにダシの流れる滝はありません。

IMG_5836

ここは町内でも流行っているお店の1つで、昨年増築して店舗面積が増えました。

IMG_5839

香川のうどん屋さんに必ずある「おでん」。

IMG_5842

うどんをオーダーした後、セルフでトッピングを取ります。

IMG_5844

どこのうどん屋さんにもあるパート2、おにぎりとお稲荷さん。

炭水化物×炭水化物の、美味しくも危険なコラボレーションです。

IMG_5845

細くてやわらかめで弾力のある麺で、のどごしがとてもよいのが特徴です。

また、肉うどんに入っている肉の味がとてもジューシーでオススメです。

高松空港へ行く途中の「かわたうどん」

観光客向けの傾向が強いうどん屋もたくさんありますが、高松空港のすぐ手前にある「かわたうどん」さんもその1つ。

父が空港へ車で送ってくれるということで、家族で「かわたうどん」へ行きました。

IMG_6288

店舗は高級感もあってとてもキレイです。

IMG_6290

高級店では、おでんやうどんを盛り付ける皿や丼も、品のあるものを使っているのが特徴。

IMG_6292

とても上品でかつ、万人受けするタイプの味付けがされています。

このタイプのうどんも、たまに食べたくなるんですよね~。

うどん県民の知り合いがいるなら、「行きつけ」に連れて行ってもらうと面白い

観光客向けのお店は、高級志向で無難な感じがします。

本当にうどんを楽しむなら、地元民の行きつけタイプのお店が面白いと思います。

うどん県出身のお知り合いがいるなら、教えてもらったり連れて行ってもらうのがオススメです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA