Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

小銭の代わりに電子マネー決済をつかってみよう

2014/09/29
By
約 2 分

1日の生活の中で、日常的に小銭を使う機会といえば、

・電車

・コンビニやスーパー

・自販機

などであることが多いと思います。

小銭を数える手間が省けるので、会計の時間が数秒〜30秒程度短縮できます。

最近、これらを電子マネーで支払ってみよう、ということを試してみています。

日々少しずつですが、面倒なことを便利に変えていくのも成長の1つの要素です。

 

■iPhoneを使い始めて利用頻度が低下

まだガラケーだったiPhone発売以前は、お財布ケータイ(フェリカ)でモバイルSuicaをオートチャージにして、かなり活用していました。

しかし、世界共通仕様のiPhoneには日本独自の規格であるフェリカは搭載されていなかったので、泣く泣く利用を諦めました。

香川に戻ると、そもそも電子マネーに対応していないところが(改札はsuica互換でなく独自、自販機はほぼ全滅)多いので、ますます電子マネーを利用しなくなりました。

関東に戻ってくると、やはり電子マネーを活用したほうが便利なので、最近改めて利用を推進しているという感じです。

 

■やっぱりSuica、Pasmoが便利!

iPhoneの人は、スマホで決済ができないので、カード型の電子マネーになります。

利用するなら電車利用も兼ねて、対応店舗もダントツで多いSuica/Pasmoがオススメです。

わたしも、地下鉄定期券のPasmoを利用しています。

パスケースではなく財布に直接いれておくと、より手間が省けます。笑

 

残高チェックは支払いの時に確認できるほか、駅の改札でも表示されるので、カード型でも残高の把握は簡単です。

残高が減ってきた場合のチャージも、駅で可能なのです。

ある程度まとまった金額を入金していれば、それほど手間はかかりません。

小銭がいらないくらい電子マネーを活用できると、楽だろうな~と思います。

iPhoneのNFCがフェリカに、もしくはApplePayに日本側が対応し始めるともっと便利になりそうですから、期待ですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA