Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

ハマっていたオンラインゲームをやめるためにやったこと

2014/10/17
By
約 3 分

前回の記事は、過去に依存症の状態になってことのあるオンラインゲームの、依存性について書きました。

今回は、その魅力あるオンラインゲームをやめたきっかけと、やめるために実行したことを紹介します。

 

■オンラインゲームをやめるきっかけ

オンラインゲームにのめり込んでいる間は、他の依存性のあるものと同様に「やめようと思うこともあるけれど、なかなかやめられない」ようになります。

数年間、ほとんど毎日のようにログインしていると、そこが「自分の居場所」のようなものになってしまい、心理的にかなり依存している状態が続いていました。

ゲーム自体がサービスとして下火になりつつあった頃でしたが、仲間が何人かやめていくような段階になっても、まだそこに留まっていました。

 

わたしがオンラインゲームをやめるきっかけになったのは、再就職を目標に職業訓練に通っていたころ、勝間さんの本と出会ったことでした。

職業訓練生として前向きな思考になりつつあったこと、勝間さんの本を読んで「悪い習慣は自分自身で断ち切らなければいけない」と思ったからでした。

 

オンラインゲームの中にいれば確かに居心地はいいですが、生きていく上ではリアルの時間のほうが大切です。

リアルの時間の中で、自分の将来に役に立つことややりたい事を見つけて、そういうことに時間を使いたいと思えるようになったのでした。

 

■良い習慣で上書きすること

悪い習慣は、新しい良い習慣で上書きすれば良いと言いますが、わたしの場合はそれが読書になりました。

依存していた気持ちを他へ向けることが大切です。

それまでパソコンに向かいっぱなしだったわたしが、ゆっくり座って本を読むようになりました。

気持ちが仮想空間から、リアルな未来へと向けられた時期でした。

ほどなくして新しい仕事も始まって、それ以上にやる余裕もなくなったのですが・・・

 

■後戻りできないような環境にすること

オンラインゲームでは、ただ「やらなくなる」だけではオンライン上にデータが残っているので、また始めようと思えば復活出来てしまいます。

それも後戻りできないように、オンライン上のキャラクターのデータを全て削除して、二度と復活ができないようにしてから引退をしました。

さすがに何年も見続けたキャラクターを削除するときは、感慨深いものがありました。笑

 

その後、別のゲームを始めてしまわないように、パソコンを買い替えました。

グラフィックボードというゲーム用のパーツが搭載できるデスクトップパソコンから、拡張性のないモバイルノートパソコンに変えたのです。

モバイルノートパソコンをカフェに持ちだして文章を書き始めたのは、この時期からでした。

今はもうデスクトップパソコンを復活させていますが、当時オンラインゲームを絶対にしない!という意思を貫くためには、「できない環境を作る」というのはかなり大切なことでした。

 

オンラインゲームという居心地のいい世界から抜け出すには、意思だけではとてもむずかしいです。

自発的な意思は必要ですが、それに加えて新しい習慣と、後に戻れない環境を作るなどの仕組みが必要です。

今でも友人としてつながっている仲間もいて、たまに懐かしくなりますが、もうさすがにあの世界に戻ろうとは思わなくなりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA