Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

日比谷図書文化館の利用登録をしてきました。文化施設としても面白いです!

2014/11/19
By
約 3 分

一度ハマると色々と試してみたくなる性分で。

昨日ご紹介したのは、家の近くの図書館だったのですが、本日は会社近くの図書館へ行って来ました。

千代田区立 日比谷図書文化館。

実はしばらく前から気になってはいたものの、なかなか行く機会がなかったのでした。

20141119_101256000_iOS

不思議な正三角形の建物は、現在の建物になる時に区画整理でこんな土地の形になったから、らしいです。

元々は1908年に東京市立日比谷図書館として開館、その後東京大空襲で蔵書と建物を焼失。

1957年に都立市図書館として再生した後に、2009年千代田区に移管、2011年図書文化館としてリニューアル、という歴史を持つ図書館です。

 

■歴史と文化と充実した設備がとてもいいです!

ここは図書館だけではなく、博物館や学びの場という機能もあって「区立の文化施設」というべき場所です。

建物は古いですが、リニューアルが2011年で新しく、綺麗でとても落ち着いた雰囲気のよい空間になっています。

日比谷図書文化館の特徴は以下の様な感じです。

 

・図書資料 176,000冊(平成25年度)

・文化や芸術、歴史、ビジネスなどに特化している

・Web図書館、PCやスマホで電子書籍が借りられる

・新聞や雑誌などのデータベース検索が可能

・本の閲覧などに使える机、席数が多い

・無料で使える無線LAN完備

・有料のスタディスペースもあり

・各種セミナーや講義が会議室やホールで開催されている

・ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)が利用できる

・カフェ(PRONT)が併設、蔵書を持って入れる

・地下にレストランまである

20141119_114400863_iOS

これらがすべて無料で(食べ物をのぞく)利用できるなんて、なんてすばらしい!

※厳密には税金という形で払っていますが・・・公共施設をもっと活用しましょう!

もっと早く知っていればよかったな~と悔しい思いをしました。笑

 

■「図書文化館」としてのおもしろさ

「図書文化館」というだけあって、アートゾーンがあって、美術・音楽・映像・文学などとても面白い空間でした。

音楽関連の棚もあって、読みたいと思っていた本があったのでさっそく借りて来ました。

芸術関係の棚をながめているだけでもどんどん興味を刺激されて、とてもよい体験になりました。

 

書店では立ち読みも限界がありますし、ジャンルによって品揃えにムラがあり、欲しいと思っても買うのをためらったりしてしまいます。

図書館は棚にあれば借りられますし、もう売っていないような廃盤の本も置いてあります。

リアル書店と電子書籍、そして図書館という選択肢も増えて、ますます学びが楽しくなってきました。

各種公演やセミナーも興味があるので、積極的に活用していきたいですね!

千代田区民でなくても利用できるので、ぜひ利用してみてくださいね!

 

千代田区立 日比谷図書文化館(公式)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA