Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

今の職場で1年、わたしが心がけ続けたこと

2014/12/26
By
約 3 分

今日は仕事納めでした。

一般のサラリーマンの方は、明日から年末年始休暇という方も多いのではないでしょうか。

IMG_2322

わたしは現在の勤務先で働き始めたのが2014年の1月だったので、丸一年が経ったことになりました。

派遣ITエンジニアとして勤務していますが、安定した環境で働かせていただけて、とても感謝しています。

現在様々な活動ができているのは、ベースとなるこの仕事のおかげ。

どこに成長の軸を置くか?がサラリーマンをやっていく上でのポイントだと思っています。

 

■1年間、わたしが心がけ続けたこと

・とりあえず即レス

相手との関係をよくするポイント。

大抵の場合、仕事相手になる自社の営業さんはお客様に急かされています。

依頼人が一番困るのは、メールを送っても一向にレスがないことです。

対応中なのか見てないのかがわからないので、だんだん不安になってしまうのです。(せっかちな人は電話してきますが)

返すメールは「メールみました、対応します」くらいで十分です。

依頼事をこなすという、基本受け身の仕事ですが、即レスすることでとりあえず相手を安心させることができます。

電話も基本的にすぐに出るようにしています。

忙しい時は、理由を伝えて折り返しなどをすればよいのです。

 

・相手が理解しやすいように説明をする

この仕事を通して何を学ぶのか?

わたしは営業支援のITエンジニアなので、営業さんからの依頼事が主な仕事です。

技術や知識は営業さんによってもかなり差がある上に、営業さんの先にはお客様がいます。

そこまでしっかりとした情報が伝わるように、気をつけることが大前提です。

人に教え伝えることで、自分の中の理解度も再確認ができて一石二鳥です。

ITの現場ではありますが、わたしはコミュニケーションスキルを学ぶ場だと思っています。

 

・残業しない

ワークライフバランスの重要性を実感した1年でした。

元々残業が少ないタイプの企業なのですが、その中でも極力残業しないように気をつけました。

これまでのどの企業でも、死ぬほど残業していた体質が、大幅に改善。

残業しないと決めているので、業務中の集中力も高まります。

どうしても次の日に必要な資料を作らないといけないとか、お客さん都合でどうしてもその時間に打ち合わせが・・・という場合以外は基本残業していません。

その結果、なんと年間残業20時間です。

基本定時帰りで、月に2回ほど、1時間の残業があるかも・・・くらいです。

これによる業務後の自由な時間を使って、自分の将来のための様々な時間に充てることができているのです。

 

■よい環境に巡り会えたことに感謝

ブログを書いたり、走ったり、勝間塾に参加したり、音楽業界に首を突っ込んだり。

1年間、様々な活動を通じて人の輪が広がり、わたし自身の世界もどんどん広がっていきました。

その活動のベースは、このサラリーマンとしての仕事と報酬から成っています。

仕事以外の活動ができる資金を稼ぎながら、時間の余裕もあるというバランスが保てている状態にあるので、とてもよい環境に巡りあえたことに感謝しています。

来年も、しっかりと貢献して、さらに精力的に活動して行きます!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA