Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

ヤマハ銀座店に防音室を見に行ってきました!その1「防音室の選び方」

2015/01/07
By
約 4 分

家で楽器練習をしたいがために、防音室を検討中です。

詳細についてはこちらの記事をごらんください。

 

本日は、防音室を実際に見るために、ヤマハ銀座店さんに行って来ました。

小一時間かけて、実際に見たり聞いたりしてきましたので、レポートをお届けしたいと思います!

20150107_085053000_iOS

さっそく防音室に入ってあちこち写真撮影(笑)していると、販売担当さんが現れたので、率直な質問をガンガンぶつけてみました。

わたしが本気で検討しているのがわかったのか、販売担当さんもかなり気合をいれて説明してくださいました。

所感は期待通りの性能、そして意外と広い

まずは部屋に入ってみた所感から。

わたしが見てきた、ヤマハ銀座店さんに置いてあるボックスタイプは1.5畳。

実際にわたしが導入を検討しているサイズです。

思ったより広くて、照明や壁を含めて明るい室内で、とても印象が良かったです。

手を一杯に伸ばせるくらいの奥行きがあります。

机やら何やらごちゃごちゃ入れる予定ですが、

「あ、これくらいなら閉塞感は感じないかな」

という感じ。

20150107_085619000_iOS

そして防音性能は期待通りで、扉をしっかり閉めると、外の音が全然聞こえなくなります。

壁の材質はMDF(集積材)を使っていて、厚さは約5cm。

MDFはスピーカーや家具などによく使われていますよね。

扉も重量感があって、学校で使っていた防音室を彷彿とさせます。

思ったよりもよさそうだな~、と思っていたところで、販売担当さんが登場。

目指すのは「人の話し声」

ここからは、販売員さんが熱く語ってくださった内容を交えて。

 

ヤマハの防音室「アビテックス」が防音性能の基準にしているのは、「人の話し声」なんだそうです。

理由は

普通の家なら「話し声が隣の部屋に聞こえない」程度の防音性能があるから

とのこと。

であれば、確かに防音室にそれ以上の防音性能は必要ないので、理にかなっていると言えます。

なるほど~。

 

あ、24時間練習したい人は防音性能上げてください。

空気音を防ぐのが主な目的

音には空気音固体音の2種類があって、それぞれ音の伝わり方が違います。

「空気音」は、声や楽器の音など、空気を伝わる音。

「固体音」は、足音や、扉の開閉音など、物体を伝わる音。

 

楽器演奏などで問題になりやすいのは空気音で、アビテックスはこれを減衰させることを目的としています。

対して固体音は、直接振動が伝わってしまうタイプの音で、これを防音室で防ぐのは少し難しいそうです。

そういえば、防音室に入って中を撮影していたとき、扉をノックされた音ははっきり聞こえました。

 

わたしが見たボックスタイプは床に直接面が触れているので、階下への固体音に対してはあまり効果はないようです。

ですが、ピアノやドラムなどの大型楽器でなければ、「空気音を防ぐ」普通の防音室で、十分効果があるとのことです。

ピアノを入れるような2畳以上ある大型のタイプは、浮き床式(床下に空間がある)になっていて、固体音もある程度軽減できるような構造になっています。

楽器ごとに必要な遮音性能が違う

では、実際にクラリネットを練習するのに必要な防音性能はどれくらいなんでしょうか。

20150107_085433000_iOS

アビテックスは、防音性能によってDr-30、Dr-35、Dr-40の3種類があります。

(数字が大きいほど防音性能が上、金額も上)

クラリネットはDr-35で十分な防音性能を得られる(=話し声クラスに軽減できる)ようです。

クラリネットは管体が木製なので振動の波形が柔らかく、一番音を防ぎやすいタイプの楽器なんだそうです。(Dr-30でもいいかも、とおっしゃってました)

フルートやヴァイオリンは高音が抜けやすくなってくるのでDr-35、テナーサックスになると音圧も音の高さも変わって性質が変わってくるのでDr-40じゃないと厳しいかな~という感じでした。

このへんの楽器は固定音も発生しないので、階下への音もさほど気にしなくてよいとのこと。

 

一番厳しいのはドラムで、破裂音や固体音がでるので、音漏れを防ぐのが難しいようです。

24時間叩きたいという人が、数百万円かけて自宅の地下に防音室を埋めたりするような施工をしたこともあったとか。

みんな何とかして楽器がやりたいんですね~。

防音も「知ること」から始まる

そもそも「防音とは何か」から、自分に必要な防音室の性能がわかりました。

音の性質を理解することも、防音を考えるには必要だな、なるほど~と思いました。

 

次回は、「防音室の快適性」です!

YAMAHA アビテックス(防音室)

https://yasunori.me/archives/6268

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA