Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

和田秀樹先生の「対人関係をよくする心理学」!勝間塾2015年1月 月例会

2015/01/21
By
約 3 分

毎月恒例の学びの時間。

2015年1月の勝間塾月例会に参加してきました。

20150120_100135000_iOS

今月のテーマは「心理学」、ゲスト講師の和田秀樹先生は精神科医、塾経営者、そして著作600冊以上を執筆されている、すごい先生でした。

先生のお話パートは「対人関係をよくする心理学」ということで講演いただいたのですが、1時間半があっという間に感じられるほど、お話に引き込まれてしまいました。

コミュニケーションのコツを学んできたので、少しトピックをご紹介したいと思います。

 

■脳科学と心理学の違い

脳科学と心理学はよく似ているけど、脳をハードとソフトに分けて考えると、

「ハードを研究するのが脳科学」

「ソフトを研究するのが心理学」

と言われて、IT系のわたしは「なるほど~~~~」と腑に落ちました。

 

わたしはうつ病になって診療内科に通ったことがありますが、薬(ハード面からアプローチ)ではまったく効果がありませんでした。

その後ソフト側の問題に気づいたことで、闇から抜け出すことができたので、実感として納得できる例えでした。

 

■対人関係をよくする心理学

400万部以上売れた大ベストセラーの『バカの壁』。

自分と相手の間には「バカの壁」があって、自分の言いたいことと相手の受け止めることは違うもの。

「話せばわかる」という言葉は間違いなのです。

「バカの壁」を越えるために具体的に表現したり、フレームワークを使ったり、別の表現を使うなどのコミュニケーション力を使うことで、より自分の言いたいことに近づけることができるということです。

 

人間は「心理ニーズ」を満たされると満足する生きもの。

例)お金(物理)があっても心(心理)が満たされないなど

心理ニーズは、たとえ満たされなくても、そのニーズをわかってあげると人は喜びます。

その人が「心理ニーズ」=「何を求めているのか」は、相手の立場にならないとわかりません。

相手の立場になる=共感することが大切です。

 

バカの壁の対極の考え方として、「甘え」があります。

『甘えの構造』という本で定義されている「甘え理論」は、人を信じて伝え続ければきっと伝わるという考えです。

ここで大切なのは、「人は信じて、情報は疑え」ということ。

情報は、玉石混交であり、捻じ曲げられた情報もあります。

様々な可能性があることを知っておくことが大切です。

20150121_115727000_iOS

~学んだこと~

人は千差万別でいろいろな人がいて、その時々で心理状態も変化するものです。

まずはいろいろな可能性がある、いつも同じパターンでは通用しないこともあるということを知ること。

そのうえで、相手の求めていることや、どうすれば相手に伝わるか?を考えることが大切。

人の心の動きを知ることが、コミュニケーション能力向上に繋がるということを学びました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA