Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

平熱が35.8度ってなんか低くない?低体温について調べてみました。

2015/01/29
By
約 3 分

20150129_031225000_iOS1

インフルエンザ3日目、熱が平熱まで下がってからは、ずいぶん楽になって、ぐっすり眠れるようになりました。

おかげさまで順調に回復に向かっているようです。

ここ最近の体調不良に加えて、インフルエンザになったことで、改めて自分の「平熱」を知ることになりました。

今の僕の平熱、35.8度くらいなのです。

記憶にあるかぎり35度台というのは経験がなかったので、なんか低いな~と思って、人の体温について調べてみました。

低体温とは

人の平均体温は36.5度くらいと言われています。

36.0度以下になると、「低体温」の部類に入ると言われています。

人間の体温は代謝や免疫力に直結していて、たった1度の差でも大きな差がでるそうです。

低体温の人は、風邪や感染症にかかりやすくなったり、血流が悪くなるために美容にもよくありません。

可能であれば36.0度以上に保っておいたほうが、健康的な生活が送れそうです。

低体温の原因と対策

低体温の原因は、以下のようなことが理由として上げられています。

原因にあてはまるものがあれば、対策を検討してみてください。

運動不足

運動不足による筋力低下が原因のひとつ。

筋肉は代謝を上げて熱を発生させます。

筋力を衰えさせないこと、目安として1日30分以上歩くこと。

体を冷やす食事

夏が旬の食べ物や冷えた食べ物は、体温の低下に繋がります。

暖かい食べ物や飲み物、冬は旬のものを摂るのがよいです。

体温調整機能の衰え

エアコンなど冷暖房で常に一定の場所にいることで、体温調節がうまくできていない可能性があります。

寒くても外気にあたるなどして、自己防衛機能を刺激して上げる必要があります。

お風呂に入るなども、体温調整機能を刺激するきっかけになります。

健康の目安として「体温」も観察してみよう

僕の場合は、通勤で毎日往復40分以上歩きますし、ジョギングもします。

適度な運動、外気にあたる、体温を強制的にあげることもしているので、このあたりは普通の人並かなと思うのです。

ですので、自宅に居る時の冷暖房と、食事を少し見なおしてみようと考えてみています。

自分の生活スタイルにあった中で、いかに健康になっていくかが課題ですね。

 

みなさんは平熱何度くらいでしょうか?

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

吉村尚美『「平熱37℃」で病気知らずの体をつくる』を読んでわかった衝撃の事実

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!