Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

何のために走るのか?を考えて立川ハーフは棄権しました。【板橋Cityマラソンまであと19日】

2015/03/03
By
約 2 分

P3030126

ブログでは報告していませんでしたが、3月1日に出場予定だった立川シティハーフマラソンは、出場しませんでした。

今回初めて大会を棄権してしまいましたが、その時に考えたのは

「何のために走っているのか?」

ということでした。

次の大会に向けて、前向きに

1月末からの体調不良からリハビリが進まず、あまり走行距離が伸びていませんでした。

復調してから前日までに走った距離はたった30kmで、完全に練習不足状態でした。

ハーフマラソンの感覚はなんとなくわかるようになっているので、こんな状態でも完走はできたと思います。

立川は大学の地元であり、自衛隊陸軍駐屯地の滑走路がスタートという楽しみもありました。

出ればきっと無理して頑張ってしまう。

当日の予報は雨。

雨の日にはあまり走ったことがないので、準備も不安があります。

マラソン大会後に体調を崩すことが多いので、コンディションが良くない状態で走って体調崩すのもイヤだなと。

健康的に、アクティブになるために走っているのに、走ることで体調を崩しては元も子もない。

それに、今季の目標はあくまでも3月22日に控えた「フルマラソンを完走する」ことなのです。

 

当日の朝起きてみて、小雨。

やや寝不足気味だったこともあって、コンディションもあまりよくありませんでした。

「よし、次の大会のために、今日は思い切って棄権しよう。」と、前向きに決めました。

来年、必ずリベンジします。

 

板橋Cityマラソンまであと19日。

できることは限られているけど、怪我のないように完走できるように、しっかりと調整していきたいです。

がんばります!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!