Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

たった一枚の布で大幅に改善!手軽にオーディオの音質を良くする方法

2015/04/12
By
約 3 分

わたしは普段家にいるときは、たいていパソコンの前に座っていて、パソコンで音楽を流しています。

 

IMG_2456パソコンの音をちょっとよくしたいときは

 

最近、友人からスピーカーを譲ってもらったので、若干ながら音質向上のために手を加えてみることにしました。

たった一枚の布で絶大な効果があったので、ご紹介したいと思います。

 

■「残響」をコントロールする

オーディオチューニングは様々な手法があって、友人からも色々と音質向上のポイントを教えてもらったのですが、その手始めとして

「スピーカーの後ろで吸音する」

を試してみました。

スピーカーはコーンの向いている方向だけでなく、360度すべての方向に音が出ます。

当然、スピーカー後方の壁があれば音が反射してしまいます。

 

すると、スピーカーそのものから出ている音のすぐ後から、

壁に反射した音

が聞こえてしまって音の輪郭が悪くなってしまいます。

普通の部屋では、壁のすぐ近くにスピーカーを置くことが多いこと、通常壁は壁紙が貼られていて、固い面が露出していることから、とても音の反射が多い構造になっています。

そこで、このスピーカー後方の反射を防ぐために

スピーカーの後方の壁面に布をかける

という対策をしていきます。

 

■布はどんなものがいいの?

「部屋にかける布」と言えば「カーテン」を想像すると思います。

もちろんカーテンでもいいのですが、薄い布1枚でも同じ効果があるとのことです。

わたしはコスト優先で、壁に布をかけてみることにしました。

服などをかける備え付けのフックがあるので、それに大きい布をクリップ留めしてみました。(クリップ留めは仮の予定ですが・・・)

布はユザワヤで綿100%のもの(150cm巾×2m、3000円弱)を買ってきました。

色柄にこだわらなければ、もっと安いものがありましたね。

P4120003a

 

■布一枚の効果は絶大!

効果はてきめんでした!

音がとてもクリアになって、スピーカーの存在がいい意味で薄くなると同時に音場の奥行き感が増して、すごく心地良い音質になりました。

これは想像していた以上の効果で、すごい。

布と壁の間に空気の層もできるので、隣部屋との防音効果も追加されて一石二鳥です。

 

わたしは壁を覆うようなサイズの布を用意しましたが、これほど大きくなくても同じような効果が得られるようです。(もちろん、部屋やオーディオ環境によって差があります。)

もちろんカーテンでも同じ効果があるので、カーテンの前にスピーカーを並べてお試ししてもOKです。

 

たった布1枚で十分な効果が得られる上に、手芸屋さんなどに行けば豊富な色や素材、デザインなどから選ぶことも可能ですから、インテリア的にも色々な選択肢があってよいですね。

残響対策をされていない方は、ワンランク上の音質を目指す第一歩として、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA