Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

なぜ有名アーティストは郊外ホールのリサイタルがオススメなのか

2015/05/16
By
約 3 分

20150312_093742000_iOS

あなたがクラシックが好きで、お気に入りの海外アーティストがいるとします。

その人が来日してコンサートをするという情報が入ってきました。

都内の有名ホールで「○○オーケストラと共演!」という文字が踊る、美しいデザインのチラシが目に付きます。

しかし、そのコンサートは平均10,000円クラスのなかなか高額な入場料。

さらに、お気に入りのアーティストが登場するのは、そのコンサートの中でも協奏曲1曲のみです。

 

そしてあなたはこう思うでしょう。

「ちょっと高いなぁ・・・」

 

■お気に入りのアーティストがいるなら、郊外ホールでのリサイタルがオススメ!

そんな時は、同じ来日期間で、少し郊外のホールでコンサートが行われていないか探してみてください。

東京の西の方や埼玉の小さめのホールなどで、リサイタルを行っていませんか?

リサイタルなら、その人の演奏が公演時間いっぱい聴けます。

それに郊外のホールでの公演なら、入場料も比較的安いことが多く、数千円程度で手に入るはずです。

20141206_042829000_iOS

アーティストを日本に招聘する場合、音楽事務所は複数の公演や仕事を入れることが普通です。

ピアニストやヴァイオリニストなら、来日公演の中心になりやすいのは都内有名ホールでのオーケストラと共演です。

協奏曲はソリストだけでなく、50人ほどいるオーケストラ、そして指揮者にもギャラが発生します。

もちろん、裏で動くスタッフも大勢います。

都内の大きなホールは借り賃が高額で、それだけ規模大きいとプロモーションも大々的にする必要があって宣伝費用もかさみ、結果として末端のチケットが高額になってしまうのです。

とにかく「オーケストラ」はお金がかかるのです。(オペラはもっとすごいです。)

 

一方のリサイタルは共演者が数人のことが多いので、人件費がかなり圧縮されます。

編成が小さくなればホールも小さくなります。

客数は減りますが、人件費の圧縮率がとても大きく影響するので、結果としてチケットの料金は半分程度になることが多いのです。

 

■リサイタルは演者と距離が近いのでオススメ!

IMG_4390a20141206_112147221_iOS

また、リサイタル公演は多くの場合、終演後にサイン会が開かれます。

会場でのCD購入特典になっていることが多いですが、アーティストと直接交流ができる貴重な機会なので、せっかくなのでぜひ参加してみてください。

小さめのホールで、ソリストの顔が見えるような位置で演奏を楽しみ、直接サインを貰って言葉を交わすと、もっとファンになること間違いなしです。

オーケストラの壮大な演奏会もいいですが、アーティストの魅力を最大限に楽しむには郊外ホールでのリサイタルがオススメですよ!

 

川口総合文化センターリリア

所沢市民文化センターミューズ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA