Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

小雨のランニングは気持ちいい!雨ランであると便利なもの

2015/06/24
By
約 3 分

20150623_143139000_iOS

今日は小雨の中をランニングしてきました。

普段はあまり雨の日は走らないのですが、精神と体のバランスを取るために運動は欠かせません。

そんなわけで久しぶりの雨ラン。

意外と楽しい雨ラン

雨が降ると走らないという人は多いと思いますが、小雨程度なら、意外と気になりません。

むしろこの季節は雨が降ると気温が下がる上に、雨で体も冷やしてくれるので、走りやすいです。

濡れながら走るという非日常感も、結構楽しめます。笑

それでも、雨の時は視界が悪くなる上に、道行く人や車からも見えにくくなるので、

・イヤホンをしない

・明るい色や反射するなど、目立つ格好をする

など、いつも以上に気をつけながら走る必要があります。

 

今日はその他に、雨ランであったほうがいいと思うものを紹介します。

雨ランであると便利なもの

1.キャップ

P6230010

服自体が濡れるのはほとんど気にならないんですが、顔についた雨がとても邪魔です。

目に入ると視界が滲んでしまいますし、顔に伝う水滴は結構気になってしまいます。

頭からかなり落ちてくるので頻繁に顔の雨を拭うことが必要になってしまいます。

しかしキャップがあればそれがほとんどありません。

バイザーで顔の水滴も防げますし、頭に直接雨が当たらないので、顔を伝う雨の量が全然違います。

キャップは晴れの日の日中も活躍しますが、雨の日もオススメです!

2.履き慣れた予備のシューズ

P3310002

雨の日はとても滑りやすいので、履き慣れたシューズ(=使い古しのシューズ)がオススメです。

水たまりなどで泥汚れにもなりやすいので、使い古しが適していると思います。

僕は去年使っていたシューズを雨の日用に使っていますが、履き慣れたこちらのほうがむしろ走りやすいくらいです。

シューズが2足あれば、雨の日も安心して走れますね!

3.ジップロック

P6230005

僕はいつもiPhoneでRunkeeperを立ち上げて、ランニングのデータを記録をしています。

ところがiPhoneは防水ではないので、雨の日に走って濡れてしまうと、故障の原因になってしまいます。

そこで小さめの密閉できるジップロックのような袋に、iPhoneを入れて走っています。

簡易防水になるので、濡れたら困る小物なども入れられて便利です。

僕の場合はこれに入れたあと、さらにウエストポーチの中に入れて走るのでほとんど濡れる心配はありません。

まとめ

雨が降っているとついついランニングをサボってしまうのですが、夏が近いこの期間に1ヶ月間走れないのはもったいないです。

少し気温も高いですが、雨を受けながら走ると気持ちいいので、ぜひ一度挑戦してみてください!

20150623_143129000_iOS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

Leave A Reply

*

CAPTCHA