Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

僕の音楽の始まりの場所。高校時代の恩師と門下生による演奏会に参加してきました!

2015/08/31
By
約 3 分

P8292596

2012年から毎年参加している、アンサンブル・ピエール・リヴィエールの演奏会。

今回も帰省して参加、4年連続の出演となりました。

 

アンサンブル・ピエール・リヴィエールは、高松第一高校の元教諭、石川孝司先生の弟子たちが集まるクラリネット集団です。

メンバーは、みんな石川先生にクラリネットの手ほどきを受けた人たちで、プロで活躍する演奏家を中心に、現役の音大生やフリーの演奏家ばかり。

年1回、高松で行われる公演のために、全国各地から弟子たちが帰ってくるのです。

細々と音楽を続けている僕にとって、現役バリバリの人たちの中に入っての演奏は、ほどよい緊張感があって、音楽的な学びがたくさんあります。

今年もたくさんの刺激をもらって、充電して帰ってきました。

音楽性が育まれた原点

少し昔の話をさせてください。

音楽一家に生まれた僕は、幼い頃からクラシック音楽に触れて生きてきました。

しかし、まともに音楽を「学んだ」のは高校に入ってからでした。

高松第一高校音楽科での音楽漬けの生活は、僕にとって音楽的な面での原点なのです。

父はクラリネットが専門ですが、実質的には高校に入って弟子入りした石川先生が初めての「師匠」でした。

石川先生に教わったことは数知れず、僕の音楽性の根底に息づいています。

P8272377

時は流れて2012年。

演奏活動再開の一番最初のステージが、このアンサンブル・ピエール・リヴィエールの演奏会でした。

7年間離れていた音楽にもう一度向き合ってみようと、音楽活動を再開して望んだ演奏会。

長年のブランクがあってロクに演奏もできなくなっていた僕を、暖かく迎え入れてくれたメンバーのみんなには本当に感謝しています。

親しい仲間と一緒に、懐かしい先生のタクトに合わせて奏でる音楽は格別。

そのときの復帰ステージで浴びたスポットライトは、最高に清々しいものでした。

「あぁ、こんな素敵な居場所があって本当によかった」

そんなふうに思える音楽って、やっぱりとても素晴らしいものなんだと再確認した瞬間でした。

また来年、高松で会いましょう!

P8292627

それからもう3年の月日が経ち、4回目のコンサートになりました。

毎年開催されるようになったピエール・リヴィエールのコンサートが、夏の一大イベントになりました。

僕は今でも、音楽経験の少なさゆえの力不足を感じながら参加しています。

それでも周りの演奏家と並んで演奏しても恥ずかしくないように、緊張感を持って取り組んでいます。

僕にとってそれだけ学びが多く、成長できる場所だということです。

また来年、地元の高松で、先生と仲間たちと一緒に演奏ができるのが楽しみです。

そして、もっと成長した姿を見てもらえるように、また1年がんばって帰ってこようと思います。

来年も8月の終わり頃の開催を予定しています!

音楽関連の記事はこちら!ご一緒にどうぞ!

https://yasunori.me/archives/5067

https://yasunori.me/archives/2871

https://yasunori.me/archives/2562

https://yasunori.me/archives/8384

https://yasunori.me/archives/6069

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!