Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

今すぐできるスマホできれいな写真を撮る方法。ちゃんと撮れば一眼並み!

2015/10/09
By
約 3 分

年々画質のよくなるスマートフォン。

夜間や望遠は苦手ですが、明るいところでの撮影なら、とても美しい写真が撮れるようになっています。

でも、撮り方を間違ってしまうと「パッとしない残念な写真」にもなりがち。

今すぐに実践できる、スマホできれいな写真を撮るためのポイントをご紹介します。

【撮る前】レンズをキレイにしておく

P3300001

▲意外と汚れてる?

 

スマートフォンは常に持ち歩いて、使用頻度も高いもの。

ケースやカバーをつけている人も多いと思いますが、レンズはむき出しの人が多いと思います。

液晶画面と同じように、いくら保護フィルムをつけていたとしても、多少なりとも汚れてしまっているものです。

この汚れが残ったままカメラを使うと、写真も汚れの影響を受けてしまいます。

スマートフォンで撮った写真が、モヤがかかったようにくすんだり、妙に光が乱反射したように写ったことはないでしょうか?

これはレンズについてしまった「汚れ」が原因です。

これを防ぐには、写真を撮る前にレンズをひと拭きしておくこと。

スマートフォン用の液晶保護フィルムなどによく同梱されている、レンズクリーナーのようなものを持ち歩くのがオススメです。

20150330_140430000_iOS

▲上半分は汚れたまま、下半分は拭きとったあとの写真。一目瞭然ですね。

【構え】脇を締めて両手でしっかりと支える

「片手で構えて、空いた方の手でシャッターを押す」

という人も多いと思いますが、これではシャッターを押した瞬間にぶれてしまうことがあります。

カメラを構える時のように、両手でスマホをしっかりと持って、脇を締めること。

手すりや壁を使って、カメラやそれを支える手・体を固定するとさらによいです。

下で紹介する構図も、しっかりと構えると決めやすくなります。

【構図】水平を意識する

下の写真を見て、何か感じませんか?

IMG_3389a

▲なんか曲がってる?

 

よく見ると、少しだけ左に傾いているのに気づくと思います。

これは写真が水平になっていないことからくる違和感です。

特に背景が大きく写る場合や、風景そのものを撮るときに傾いてしまうと、途端に「素人っぽい写真」になってしまいます。

 

構図に慣れてくると斜めに構えたりしても面白いのですが、構図の基本は水平。

カメラの設定でグリッドを表示するようにしておくと、撮影がしやすくなります。

IMG_3391a

▲iPhoneの設定はここで。

 

FullSizeRender 2

▲上の写真をiPhone上で修正したもの。向きを修正するだけで、印象がよくなります。

まとめ

スマホで写真を撮る前に、ちょっとしたことを気をつけるだけで、もっといい写真にすることができます。

どんどん写真を撮っていけば、自然にできるようにもなっていくので、チャレンジしてみてくださいね!

関連記事はこちら!

僕がiPhone 6sを買うのをやめた理由。少し冷静になって考えてみよう

iPhone 6s / 6s Plus発表!僕が毎年iPhoneを買い換える理由

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!