Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

そこそこの一眼レフより最高のミラーレスのほうが面白い

2015/10/23
By
約 4 分

IMG_3491

僕はOM-Dというオリンパスのミラーレス一眼カメラを使っています。

何か集まると撮影しているし、カメラの話もブログで書いていると、

「一眼レフはつかわないんですか?」

と聞かれることがあります。

僕が一眼レフではなくミラーレス一眼を使っている理由について書きました。

一眼レフとミラーレスの違い

一眼レフとミラーレス一眼、違いをよくわかっていないという方も多いと思うので、かんたんに説明を。

ファインダーを覗くと違いがよくわかります。

一眼レフのファインダーを覗くと、本体内部の鏡(レフ)で反射することで、レンズを通した景色を見ることができます。

レンズ➡︎レフ➡︎ファインダー➡︎目

 

一方のミラーレス一眼は、鏡を使わず、撮像素子(CCD)でデジタル化した映像を、ファインダー内の液晶モニターに写しています。

レンズ➡︎CCD➡︎ファインダー(液晶)➡︎目

 

ミラーレスは、レフ(ミラー)がない(レス)という構造上の意味なんですね。

デジタル化で鏡が必要なくなった分、大幅に本体の容積を小さくできるようなったので、一回り以上小さい、ミラーレス一眼カメラが作られるようになりました。

よく一眼レフのほうが画質がよくて、ミラーレスのほうが劣ると思っている人もいますが、「ミラーレス」というのは構造の違いだけで、それによる画質の差はありません。

そこそこの一眼レフより、最高のミラーレスを使う

20151002_211155000_iOS

ミラーレス一眼の特徴として、画質に影響する撮像素子(CCD)も小さくしたものが多いです。

ここがミラーレスは画質で劣ると言われるところですね。

確かに最高性能では、一眼レフの方が上です。

 

僕の使っているOM-Dはマイクロフォーサーズというシステムで、撮像素子のサイズは4/3インチ。

この大きさだと解像度は1600万画素程度が上限になります。

しかし、1600万画素もあればA3サイズにプリントアウトしても十分な画質を得られるので、少なくとも個人利用に関しては問題ありません。

十分な画質を得られるなら、ミラーレス一眼は小型軽量で持ち運びしやすい上に、価格も安い。

例えば僕の使っているOM-D E-M5 MarkIIと12-40mm F2.8 Proは、ミラーレス一眼の中では最高クラス。

同じくらいの値段で性能のよい一眼レフを買おうとすると、ボディ(本体)すら買えません。

そこそこの一眼レフを使うより、最高のミラーレスを使って、あとは写真の技術を磨くことに力を注ぐほうが絶対に面白い。

カメラはあくまで道具なので、必ずしも最高性能のものが必要というわけではないのです。

まとめ

現在はミラーレス一眼でも、個人が使うには十分な性能があります。

大切なのはいかにして写真を撮るか、どんな写真を撮るかです。

自分の好きなスタイルのカメラを選んで、とにかく写真を撮っていく。

その過程で一眼レフが必要になれば買えばいいのです。

そんなわけで僕は当分、OM-Dを愛用していきます!

関連記事はこちら!ご一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

By