Notes of Life

音楽とITの可能性を探す、金川泰典のブログ

ミラーレス一眼カメラでかんたんに月を撮る方法

2015/10/27
By
約 3 分

PA276046-2

こんなふうに月の写真を撮ってみたいと、みなさん思うのではないでしょうか?

このくらいの写真なら、ミラーレス一眼や一眼レフを持っている方なら、かんたんに撮れます。

よく勘違いされている方がいるのですが、このような写真を撮るときは三脚はいりません。

ただし、設定にコツがいるので、それさえ覚えてしまえば

だれでもかんたんに

キレイな月が撮影できるのです。

月を撮影するのに必要なもの

月を撮影するのに必要なものは、以下の2つです。

  • 一眼カメラ(メモリーカードはいります)
  • 望遠レンズ(できれば300mmくらいの)

高倍率ズームレンズのコンデジでもいけると思います。

一眼カメラの人は、自分が持っている一番望遠できるレンズを装着します。

これで準備万端です。

そして最初に言ったように、三脚は不要です。

月を撮影するのに必要な設定

満月は、真っ暗な空の中に、ぽつーーーんと光り輝く光源です。

太陽を全力で反射しているので、光源としては実はかなり明るいのです。

なので、スマホとかで撮ると明るすぎて白飛びしちゃいますよね。

カメラまかせにしてしまうと、周りの空の暗さと、月の明るさが極端すぎるので微妙な写真しかとれません。

そこで使うのがマニュアルモード。

マニュアルモードで、下で紹介する設定をして撮るのがポイントです。

1.カメラの撮影モードを変える

絞り、ISO、シャッタースピードを固定にして撮るために、カメラの設定をマニュアルモード(M)に設定します。

2.マニュアルモードの設定をする

マニュアルモードの設定で、

絞りF8.0、ISO400、シャッタースピード1/800

に設定します。

(設定方法は各カメラのマニュアルを見ましょう!)

シャッタースピード1/800はとても速いので、ちゃんと構えていれば、まず手ブレしません。

これが三脚の要らない理由です。

3.ピントを合わせて撮る

オートフォーカスでもマニュアルフォーカスでもよいので、ピントを合わせて撮るだけです。

PA276046-3

▲すると、こんな写真が撮れます。

あれ、なんか小さいですね。

300mm(35mm版換算)だと、満月はこれくらいの大きさで写ります。

もっとすごい望遠レンズがあれば、さらに寄れますが、このくらいでも素材としては十分です。

撮った写真を加工する

この写真をフォトショップなどの画像加工ソフト(スマホでもOK)でトリミングして、コントラストなどを調整したのが、下の写真です。

PA276046-2

なんとなく、記憶にある月の写真に近づきましたよね。

今日(10/27)は少し雲も出ていたので、ややぼんやりした写真になっています。

よく晴れた日ならくっきりと写るようなので、改めて挑戦してみたいです。

まとめ

実は月の撮影はそれほど難しくないということが、実際に撮ってみるとよくわかると思います。

満月は明るいので一番撮りやすくて、三日月に近づくほど、暗くなるので三脚が必要になったりとハードルが上がっていきます。

月を撮るのになれてくると、次は星空か・・・などと思ってしまいますが、これはまたまったく違うテクニックが必要だったりで、カメラは奥が深いです。

特に満月は初心者の方でもとても簡単に撮れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYasuをフォローしよう!

By